区議会報告 No.17

区議会報告トップ  次へ0

                          
区議会レポートNO.17号
 
一人ひとりが大切にされる社会を創っていきたい!    

「障がいがあってもなくても、子どももお年寄りも、一つひとつの命が自分らしく生きていける中野の街」を目指し、あきらめることなく、一人ひとりの小さな声を区政に届けることをお約束し、4年前の選挙で当選させていただきました。  
 思えばあっという間の駆け足でした。石ころを蹴飛ばしたり、時にはつまずいて転びそうになりながらも走り続けた4年間であった、そう感じています。
 
 この4年間、多くの区民の皆様より多角的な視点で、またご自身の体験に則して、お気づきの区政課題を私に届けて下さいました。そのお陰で私は多様な角度から区政課題に取り組むことができ、ひいては私自身の議員活動を充実させることができました。心より感謝いたしております。改善できたこと、できなかったことそれぞれ多々ありましたが、大きな河の流れの中に小さな杭を打つことができたのではないかと思っております。  

 来る4月27日(日)は区議会議員選挙です。これからも私はあきらめずに、「環境・共育・命」の問題に区民の皆様と共に取り組んでまいります。
                                むとう 有子 

      
    (2003年3月15日、区政なんでもかんでもおしゃべり激励会にてゲスト・内田雅敏弁護士と)

  
 わたしはあきらめない!環境・共育・命をつなぐ   
  
◎命が大切! だから環境問題と食の安全に取り組み、焼却型清掃工場に反対し、ゴミの減量と資源化を進めます。

◎子どもの未来が大切! だから障がいの有無に関係なく学びあえる地域の学校を充実し、25人学級の実現を提案します。

◎一人ひとりの笑顔が大切! だから介護保険制度を見直し、高齢者や障がい者の笑顔が見える福祉の充実に取り組みます。

◎区民の意志が大切! だから情報公開の徹底と、市民参加型区政の実現に取り組みます。

◎みんなの幸せが大切! だからあらゆる差別をなくし、人権を守り、核兵器も原発も戦争もない平和な社会をめざします。


☆むとう有子さんを応援しています☆

川田 えつこ(衆議院議員・無所属)
 
誰かにまかせる政治でなく、一緒につくりあげていく政治をめざしているむとうさんに期待します。今こそ、一人ひとりの“いのち・人権”が大切にされる社会にするため、ともに力を出しましょう。


むとう有子 プロフィール
1955年 ・東京都中央区佃島に生まれる
1968年 ・中野区立上高田小学校卒業
1971年 ・中野区立第五中学校卒業
1974年 ・東京都立鷺宮高等学校卒業
1976年 ・武蔵野女子学院大学短期大学部文科英文専卒業
1994・95年・中野区立桃園第二小学校PTA会長 
1999年 
◎中野区議会議員に初当選   
◎中野区議会文教委員会委員       
◎中野区議会警察大学校等跡地利用特別委員会委員       
・ 「中野・ゴミ問題を考える市民の会」代表       
・ 「住基ネットを拒否する中野区民の会」会員
・「日本消費者連盟」会員

もどる