区議会報告  No.40

0前へ  区議会報告トップ  次へ0

可決された主な議案より 10/24

 「2008年度中野区一般会計補正予算」「サンプラザ地区に係わるまちづくり整備の方針について」「株式会社まちづくり中野21の株主総会における議決権の行使について」

むとうは反対しました

 これらの議案は、中野サンプラザの運営会社(株式会社中野サンプラザ)が所有する中野サンプラザの所有会社(株式会社まちづくり中野21)の普通株式2000株、及びC種優先株式1株、発行時7億7千2百万円を9億7千万円で中野区が買い取り、さらに、運営会社が中野サンプラザを運営するために必要な資産を移した新運営会社である子会社を設立し、その新運営会社を所有会社が取得するために必要な資金であるとする4億5百万円を中野区が所有会社へ追加出資するというものです。合計で13億7千5百万円の補正予算となります。
 区はこれまでも議決権の3分の2を保持し、事業の主導性を確保できていると説明していました。そこに偽りがないのであれば、今あわてて、区が同意しなければ売却できない仕組みである株を買い取る必要はないはずです。また、買い取り価格の根拠が示されず、なぜ発行価格より2億円も高いのか不明です。近年、経営能力のない公共が税金を投入してまで民間の領域に踏み込んで、赤字続きという事例は枚挙にいとまがなく、所有も運営も区が事実上主導するという提案には、大きな不安があります。今後さらなる税金投入の可能性も否定できず、むとうは反対しました。

   

反対討論全文

 ただ今上程されました第76号議案「2008年度中野区一般会計補正予算」、あわせて第77号議案「サンプラザ地区に係わるまちづくり整備の方針について」、第78号議案「株式会社まちづくり中野21の株主総会における議決権の行使について」の3議案に反対の立場からの討論をおこないます。
 本議案は、簡単に言えば、中野サンプラザの運営会社である株式会社中野サンプラザが所有する中野サンプラザの所有会社である株式会社まちづくり中野21の普通株式2000株、及びC種優先株式1株、発行時7億7千2百万円を9億7千万円で中野区が買い取り、さらに、運営会社が中野サンプラザを運営するために必要な資産を移した新運営会社である子会社を設立し、その新運営会社を所有会社が取得するために必要な資金であるとする4億5百万円を中野区が所有会社へ追加出資するものです。合計で13億7千5百万円の補正予算となります。つまり、所有会社と運営会社に出資している企業が撤退するということです。
 区長は、本件買い取りの目的を「区の完全主導による将来のまちづくり」及び「経営の安定化」であるとしています。
 しかし、区はこれまでも議決