区議会報告 No.46

0前へ  区議会報告トップ  次へ0

可決された主な議案より

◎「中野区基本構想の改定について」          2/19

むとうは反対しました

 基本構想とは、区が目指す理想のまちの姿を理念的、普遍的に描くものであり、5年で改定するようなものではないはずです。現基本構想を実現するための具体的計画として「新しい中野をつくる10か年計画」が策定されました。この計画が基本構想からそれるのはあってはならないことであり、その上、基本構想からそれた10か年計画に合わせて基本構想を改定するというのは本末転倒です。また、5月の区長選挙直前に、小手先の改定をするのではなく、新区長に委ねるべきと考え、むとうは反対しました。
(反対討論全文は下に掲載)

否決された議案

◎「中野区動物の愛護の促進及び
             適正な管理に関する条例」    3/23

むとうも反対しました

 動物の飼養を行う者の遵守事項、飼養に関する争いを解決するための協議の斡旋、飼養給餌により周辺環境が損なわれる事態を生じさせた者への勧告・命令・罰則(罰金10万円)を規定する条例です。飼い主のいない猫問題は、区が不妊去勢手術代助成を行い、地域でのルール化が大事です。罰則を規定するための条例化は解決には繋がらないと考え、むとうも反対しました。

★区議会事務局による1989年までさかのぼっての調査では、区長提案の条例の否決は無く、画期的な議会判断と言えます。


「中野区基本構想の改定について」 反対討論   全文  


 ただ今上程されました第79号議案「中野区基本構想の改定について」に反対の立場から討論いたします。

 現中野区基本構想は、「ともにつくる人間のまち中野」を基本理念として1981年に中野区で初めて制定した基本構想を24年の時を経て全て破棄し、田中新区長の下で、2005年に制定したものです。全面改定にあたり、職員プロジェクト、審議会、145名の区民ワークショップが設置され、約2年間に及ぶ熱心な議論がなされました。当時は市民派100%の区長の誕生に多くの区民が期待し、基本構想に区民の意見が反映されるものと信じていました。しかし、最終的に区