区議会報告  No.53

0前へ  区議会報告トップ  次へ0

区民委員会 報告

■旧環境リサイクルプラザ・消費者センター(5階建て)が民間事業者に坪単価1550円で貸与


 区民の活動の場を奪い、4月から5年間、総額6,120万円で、二酸化炭素の削減に貢献する環境事業を行う条件で国際ランド&ディベロップメント(株)に貸与することが決定しました。床面積で割ると1坪1550円です。早稲田通り沿いの貸し事務所の相場は坪単価1万円です。
 なお、公募の際の提案内容によれば、国際ランドが使用する場所は地下2階の機械室と1階の半分、屋上のみで、建物の7割が又貸しとなります。国際ランドは一体いくらで又貸しをするのでしょうか? 又貸しを受けた事業についても、環境事業を行うという条件が遵守されていくかどうか、今後の監視が必要です。
                              旧環境リサイクルプラザ・消費者センター

区民委員会視察(豊田市・知立市)11/15〜16

■環境モデル都市アクションプラン(豊田市)

 豊田市は、トヨタ自動車が本社を置く、自動車産業を中心にした工業都市です。地球温暖化問題に取り組み、低炭素社会の実現にチャレンジする環境モデル都市として国が認定しました。トヨタの協力を得て、プラグインハイブリッド車と太陽光発電システムの一体的普及を図り、自然エネルギーで自動車が走るまちをめざしています。

■納付拡大事業〜コンビニ・クレジットカード・マルチペイメントネットワークの活用(知立市)

 いつでもどこでも納税できる環境整備を行い、収納率向上と、滞納者に対する意識啓発を目的とする事業です。中野区も税の収納率向上に苦慮しており、参考になりました。

もどる