区議会報告  No.69

0前へ  区議会報告トップ  次へ0

区民委員会視察報告

■滞納整理の見える化による収納率向上の取り組み
          新潟県糸魚川市視察(2015年10月22日)

 糸魚川市は、市県民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税の各税目を一つにまとめた集合納税を実施しています。納期は中野区のように年4回が一般的ですが、糸魚川市は年10回となっており、1回の納付額を低く抑えることで納税者は納税しやすくなるため、口座振替登録申込率が高く、全ての税目で収納率も高く、県内20市中トップです。

   
■再生可能エネルギー導入プラン
          石川県金沢市視察(2015年10月23日)


 金沢市は、1921年から全国唯一の市営の水力発電事業を行っており、市内5か所の発電所により全家庭の20%に供給しています。福島第1原子力発電所の事故により、原発稼働を前提とした計画を見直し、2011年8月に産学官連携のもと再生可能エネルギー導入研究会を設置し、2013年にはエネルギーの地産地消を進める再生可能エネルギー導入プランを策定しました。


                                 金沢市西部環境エネルギーセンターにて

区役所及び体育館整備調査特別委員会視察報告

▲新区役所は、現中野体育館の位置に、2019年建設工事着手、2021年竣工、整備費約201億円の予定です。
▲新中野体育館は、平和の森公園内に、2017年建設工事着手、2019年竣工開設の予定です。(むとうは反対です)

■府中市役所視察(2015年7月2日)
■杉並区大宮前体育館視察(2015年7月2日)
■文京総合体育館視察(2015年11月10日)
■豊島区役所視察(2015年12月7日)
■豊島区南長崎スポーツセンター視察(2015年12月7日)


▲様々な施設を視察しましたが、各区の考え方や立地状況、財政状況が異なる中、参考にしつつも正直、判断が難しいところです。区民の皆様の合意形成を丁寧に図りつつ、納得され喜ばれる施設となるよう熟慮していきます。

                          豊島区役所
                    2015年5月に開設
                    全国初のマンション一体型
                    壁面は、太陽光発電パネルと
                    緑化パネルで構成されている
                    樹木のような新庁舎

もどる