区議会報告 No.75

0前へ  区議会報告トップ  次へ0

可決された主な議案より 6/15

●区立児童館条例の一部を改正する条例    

むとうは反対しました

 本条例は、今年度をもって、U18プラザ上高田及びU18プラザ中央を廃止するための条例改正です。
2010年に策定された「新しい中野をつくる10か年計画第2次」では、「児童館は、U18プラザ9館と、すべての小学校に設置するキッズ・プラザに再編する。U18プラザでは、乳幼児親子の交流促進、中高生が中心の創作・芸術活動やスポーツ活動、社会貢献活動の機会の提供を行い、乳幼児から中高生までを対象とした育成活動の充実を図る。」と定めていました。これを基に、U18プラザ上高田と中央が設置され、城山ふれあいの家でもU18プラザ事業が始まりましたが、9館の設置には至りませんでした。児童館は小学生までを対象として建築した建物であり、中高生には不向きな施設環境でしたが、職員のやる気と知恵と努力で中高生が気軽に立ち寄る場となり、地域住民の信頼を勝ち取り、今や、区民から必要とされている数少ない区の直営施設です。利用する中高生や現場の職員の意見も聞かずに廃止を決め、子ども施策をないがしろにした区の姿勢は理解できません。中高生を対象とする新たな施設設置を計画するのであれば、まだしも、ただ廃止するだけの条例には納得できず、むとうは反対しました。
*反対討論全文は下記に掲載 


       *区立児童館条例の一部を改正する条例反対討論全文

 第42号議案「中野区立児童館条例の一部を改正する条例」に反対の立場から討論をいたします。

本条例は、今年度3月31日をもって、U18プラザ上高田及びU18プラザ中央を廃止するための条例改正です。
 2010年3月に策定された新しい中野をつくる10か年計画第2次では、「現在ある児童館は、U18プラザ9館と、すべての小学校に設置するキッズ・プラザに再編していきます。U18プラザでは、乳幼児親子の交流促進、中高生が中心の創作・芸術活動やスポーツ活動、中高生ボランティアの養成や社会参画・社会貢献活動の機会の提供などを行うなど、乳幼児から中高生までを対象とした様々な育成活動の充実を図るとともに、各施設ごとに特徴のある取り組みを展開します。」と定めていました。これを基に、2010年4月にU18プラザ上高田が、2013年4月にU18プラザ中央が設置され、10月には城山ふれあいの家でもU18プラザ事業がはじまりました。計画では9館設置するはずでしたが、その後の設置は無く、3館にとどまっていました。
 全国に先駆けて、1997年に開設された、お隣、杉並区の中高生児童館「ゆう杉並」は、中高校生が文化や芸術、スポーツなど自主的な活動をし、活き活きと交流できる居場所として設置され、中高生による運営委員会が運営に携わるなど、お手本となる施設です。この「ゆう杉