区議会報告 No.76

0前へ  区議会報告トップ  次へ

議会一般質問より 9/13

 後発ジェネリック医薬品使用促進は慎重に
むとう

 ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許期間が切れた後に、先発医薬品と「同等」の品質で製造販売される低価格の後発医薬品のこと。区では、増大する医療費の削減を目指し、積極的に後発医薬品の利用を区民に促している。さらに、先発医薬品から後発医薬品に替えると薬代がいくら軽減できるかを試算した差額通知も区民に送付している。
 しかし、「同等」とは「同じ程度」という意味で、完全に同じではないことに注意しなければいけない。ジェネリック医薬品は先発品と同一主成分を有しているが、添加物や製造工程は同一ではない。そのため思わぬ副作用やアレルギーが発症する可能性があることを認識し、ジェネリック医薬品への切り替えは、安さばかりを強調せず、医師と十分に相談し、慎重にするよう区民に周知するべきではないか。

区長

 添加剤が原因で副作用の可能性もある。ジェネリック医薬品の使用は、かかりつけ医や薬剤師に相談するよう、丁寧な説明に努める  ジェネリック医薬品と先発医薬品は同一製品ではないことについて、適切な表現に改める。

むとう

 「生活保護のしおり」においては「同等」ではなく「同じ効き目」と断言しているのは問題である。文言を訂正するべきでは。

健康福祉部長

 ジェネリック医薬品と先発医薬品は同一製品ではないことについて、適切な表現に改める。

 後発品には、主成分のみが同一のジェネリック医薬品と、先発メーカーから承諾を得て製造した、原薬・添加物・製造工程が先発品と全て同一のオーソライズド・ジェネリック医薬品の2種類がある。


 度重なる清掃工場での死亡事故を防ぐ対策を
むとう

 8月27日(日曜日)、新江東清掃工場で、ごみクレーン上にてワイヤー張替の準備中に、工事を請け負っている株式会社タクマの下請け会社、北畑開発研究所の従業員1名が、約8メートル下のコンクリートの床に転落し、死亡する痛ましい事故が発生した。監督員がいない上に、安全ベルトを着けていな