区議会報告  No.76

0前へ  区議会報告トップ  次へ0

むとう有子の決算総括質疑より 9/22
  (2016年度決算について)


 ●区民意見を区政へ反映せよ
むとう

 2016年度は新しい中野をつくる10か年計画第3次をスタートさせた年度。第3次計画は、U18プラザの廃止、区立上鷺と東中野幼稚園2園の廃止、本町と東中野図書館2館の廃止、温暖化対策推進オフィスや商工会館などの区有施設の売却を計画し、多くの区民から反対の声が上がる中で策定された。これに対し、区立幼稚園2園の存続を求める陳情が、賛成多数で採択となった。議会での陳情採択は、行政に対して法的拘束力はないものの、住民の代表である議会の総意として尊重されるべきものだが、廃止計画は変更されていない。区民が、説明会やパブリック・コメント手続きで意見を述べても、署名を提出しても、議会に陳情し採択されても、区は変更しない。主権者である区民の意見を区政に反映させる方法はあるのか。

企画担当参事

 施策に個々の意見の反映がないことをもって、区民意見の反映がないとは言えない。

むとう

 一方、第3次では、「昭和区民活動センターは現地での建替え」とし、住民合意がほぼなされていたが、区自らそれに反し、「温暖化対策推進オフィスに移転」と計画変更を発表。区民には「第3次で決まっているから変更はできない」と言いながら、区自らが簡単に計画を覆すのはいかがなものか。

企画担当参事

 区民により高い価値を提供するために変えることは必要だと考える。

 ●不用額を少額に抑えよ
むとう

 不用額が約66億円と、毎年増加。不用額1千万円以上の事業が113もある。特に執行額より不用額が大きいのは問題ではないか。

予算担当副参事

 十分精査し適切に予算計上したい。

むとう

 確実に進めるべき耐震化促進費の不用額が1億5千万円と執行額を上回る。耐震化が必要な残る住宅数と緊急輸送道路沿線建物数は。